NPO京文映からの公式なお知らせ。

Posted by Anonymous

 10月20日(金)いよいよ保津の火祭りの日が来ました。われわれNPO京文映は、カメラ8台、照明、音響、演出、制作等々総勢16人のスタッフが早朝から撮影に入りました。午後5時、亀岡市保津町の八幡社から神社総代を先頭に約40人の行列が3キロ先の請田神社へご神体をお迎えに出発しました。

 請田神社は、和銅2年(709)創建と伝えられる由緒ある神社です。神社で松の木を依代(よりしろ)にご神体を移し八幡社へ。途中荘園政所(そうまんど)で、保津町隣組からの高張提灯68基、4基の剣鉾、8本の花笠等の出迎えが待ちうけ、100人を越える行列を整え、八幡社まで悠々と向かいます。太鼓の音に合わせ、子どもたちの掛け声、「トウクヮイ(唐鍬) ジンノー(人応) マンザイラーク(万歳楽)」の黄色い声が夜空に響き渡ります。

 午後8時、一行は八幡社に到着。頓宮前には二つの火床が築かれ、赤々と火が燃えています。火の周りを御幣や榊、御弓や御太刀、神座がぐるぐると周り、いよいよ勇壮な祭りのクライマックスです。頓宮前では神事が始まりました。NPOのメンバーはふたり一組になって、行列の各所に移動、あちらこちらで撮影に録音に汗だくで走り回りました。午後9時過ぎ、撮影終了。みなさん、ご苦労様でした。

 作品は、京都府社寺等文化資料保全補助事業の認定を受け、京都府、亀岡市、保津町自治会等々のご協力、ご支援をいただいております。本年中に「優艶・火と水の里~保津の火祭り~」(仮称)という題名の作品になります。上映会も予定されていますので、皆さまお楽しみにお待ち下さい。(記・さとう 裕)

Posted by Anonymous

10月13日(金)出遅れていたB班の撮影が始まりました。作品のプロローグに使うシーンの
撮影です。秋学期が始まって最初の撮影!
カメラにさわるのも久しぶり、ちょっとぎこちなかったけどまずまずの出来でした。
初めて手持ち撮影にも挑戦しました。

Posted by Anonymous

 去る10月16日(金)、同志社大学プロジェクト科目「京都暮らしの音と映像」の秋学期がスタートしました。本講座は、春学期から始まり、映像作品とは? ドキュメンタリー作品とは何か、また、実際の撮影や録音など映像作品作りのノウハウなどを学びながら、自分たちも映像作品を作ろうと取り組んできました。春学期は、2班に分かれて、自分たちが作りたい作品のテーマを決め、なんとかおおまかな構成台本を作りました。

 秋学期は、いよいよ本格的に作品作りです。まず、構成台本を基に撮影がスタートします。8人の受講生がA班とB班に分かれて作品を作ります。夏休みに撮影を開始した班もあります。A班のテーマは「鴨川の魅力」。様々な年代、背景を持った人々へのインタビューを通して鴨川の魅力に迫りたい。さらには、夏から秋、冬へ季節の移ろいもしっかり映像に収めたいと抱負を語っています。B班は、「京都の文化の多面性とその矛盾点」をテーマに、京都産業を考えるとともに人々の暮らしを市場に探ったり、学生の姿や京都に暮らす外国人(主として留学生)の思いに迫りたいと考えています。

 11月いっぱいに撮影を終え、その後、編集、音入れの作業の後、1月中に作品の完成を目指します。2月には、同志社大学構内で作品の上映会を考えています。さて、これから最後まで息切れせず、いい作品が作れますように会員の皆さまの応援、ご協力よろしくお願いします。(記・さとう 裕)

Posted by Anonymous

  京都府の南丹広域振興局が募集しておりました、なんたん水辺ネットワーク事業に私達NPO京文映も応募しました。去る7月18日(火)10:00より書類審査で選ばれた3団体がプレゼンテーションを行い、私たちNPO京文映が企画運営団体に選ばれました。
   本年は、保津川開削400周年ということで、地元保津地区を中心に様々なイベントが企画されております。その中で私たちは、8月20日に行われる保津川クリーン作戦や8月29日の嵐山でのイカダ組イベント等を取材、保津川を中心に上流から下流へ、保津川の歴史やこれまで果たしてきた役割り、川の大切さ、ゴミ問題等々、環境保護について考える映像作品を創ります。さらには、その作品を保津地区や京都市内等で上映し、多くの子どもたちや大人に環境問題について考えてもらうきっかけになればと思っております。
   作品の上映日時、場所等が決まりましたら、またご報告致します。その際には多くの皆さんがご参加下さいますよう、よろしくお願い致します。
                                                              (記・さとう 裕)

Posted by Anonymous

  7月15日同志社大学 今出川キャンパス 明徳館で2006年度 春学期 プロジェクト科目成果報告会が開かれました。
  私達「京文映」が関わっている「京都暮らしの音と映像」は,春・秋期連結科目ですので,中間報告 と言うことになります。思ったより厳しい質疑応答があり、発表担当のみんな、緊張のまま6番目に発表しました。
  贔屓目かも知れませんが立派な発表でした。後の質疑も、お褒めの言葉,期待していると云う励ましの言葉を頂きほっと胸をなでおろしました。写真は、発表直後の表情です。
  夏休みにも、自発的に取材・ロケハン・一部撮影開始するそうです。秋学期の始まるのが、たのしみです!                  (記:鈴木)

Posted by Anonymous

  子どもも母も思いを語る“茶わ会入塾式” 太秦キネマ塾第3期スタート                                                                         
  NPO「京都の文化を映像で記録する会」が主催者となって再スタートした、太秦キネマ塾第3期入塾式が7月2日(日)午後1時から大映通りスーパーにっさんの2階で行われました。今年度の塾生は小学生5名のほかに、主婦1名、大学院生1名の7名です。
  濱口理事長と新塾長の高野麻葱さんのあいさつ、塾生、講師、事務局全員の自己紹介のあと、3期目の新しい活動方針が示されセレモニーを終え、学級会に移りました。 出席された父母も加わり、お菓子とみかんを頬張りながら「キネマ塾に望むこと、ことしやってみたいこと」などを子どもたちに語ってもらいました。 父母からは「子どもがもっと編集(作業に)に取り組めたら・・・」「発表会で見た作品は出来すぎ、もっと子どもらしいところが見たかった」「知らない友達といっしょに仕事をすることに意義がある」など貴重な意見をいただきました。
   私たちも2年間の経験を踏まえ「子どもたちが興味をもてる熟」を如何に作っていくか 討議を重ねています。皆さんの忌憚ないご意見をお待ちしています。 1回目の授業は7月8日(土)です。                                                                                                                                                        (記:内澤)

Posted by Anonymous

  去る6月18日(日)NPO京文映の総会が、大映通りスーパーにっさんの2階ク オレで開かれました。参加者は38名。委任状27名。2005年度活動報告。 会計報告。2006年度活動予定が無事に承認されました。
  私たちのNPOも4年目 に入り、会員総数も約90名と大きな所帯になって参りましたが、今年も役員一 同頑張って活動に取り組みたいと、気持ちを新たにした次第です。
  総会後、すぐに懇親会に移りました。懇親会では、舞鶴引揚記念館40周年の ビデオ上映に続き、会員の一夜咲(ひとよさき)さんの歌謡ショー。ゲストのな つきさんとふたりで舞台を大いに盛り上げてくれました。さらに、最後に、楽し い勢良さんのマジックショー。皆さん和気藹々の楽しい懇親会で、終わるのが惜 しいくらいの盛り上がりでした。
  残念ながら総会に参加いただけなかった皆さんには、近いうちに議案書並びに 活動報告、会計報告等をお送りいたします。  会員の皆さまには、2006年度も引き続きNPO京文映の応援をよろしくお願い します。(記・さとう裕)

Posted by Anonymous

  5月14日、前日までの雨も上がって、素晴らしい五月晴れの下「太秦キネマ散歩」行いました。早いもので、5回目を迎えました。 「疏水を辿って、哲学の道」と題して参加者を募り、無事事故もなく執り行いました。
  午後0:30に地下鉄東西線「蹴上」を出発、満開の浄水場のつつじを右手に眺めながら、水路を辿って南禅寺・永観堂・若王子から哲学の道へ、途中俳優の栗塚旭さんが飛び入り、参加者一同感激・感激・ 一緒に記念撮影! 大豊神社・法然院など自由見学、途中カフェで休息、無事最終ゴール銀閣寺につきまました。
  参加していただいた方々にも満足して頂けたと思います。 新たに「キネマ散歩友の会」も発足、より充実した。集いになると思います。                          (記:すずき)

Posted by Anonymous

  同志社大学プロジェクト科目 「京都暮らしの音と映像」始まる  われわれNPO京文映がお手伝いする同志社大学プロジェクト科目の講義が、4月 14日(金)にスタートしました
昨4月28日は第二回目の講義を行いました 。  隔週金曜日4・5限、3時間の講義ですが、受講生9名で女性が5名、男性4 名。2年生~4年生まで、それぞれに熱い思いを持って参加してくれています。
   同志社大学の担当は高橋美都先生。毎回、京田辺校舎から今出川校舎へ駈け付け て、熱心にご指導いただいております。  1回目は「映像の歴史」と「ドキュメンタリーとは・・」 の講義。2回目は こんな作品を創りたいという、受講生それぞれが考えるテーマと内容の概要につ いて話し合いました。これから9人を2グループに分けて、2本の作品作りに励 むのですが、さて、テーマの絞り込みをどうするか。28日には、3時間かけて みっちりと話し合いました。あと一息でテーマはまだ絞り込めませんでしたが、 これからしっかりと話し合い、いよいよ本格的なシナリオハンティング。そして シナリオ作りと進んでいきます。
  また、学生諸君にはスタジオへも来てもらって、皆さんのご指導も仰げればと 思っております。会員の皆さま、その節はどうぞよろしくお願いします。適宜、 講座の進捗状況もお知らせ致しますので、来年の作品完成まで温かい目で見守っ ていただきますよう、重ねてお願い致します。(記・さとう 裕)

Posted by Anonymous

  3月23日 舞鶴市立大浦小学校の卒業式を撮影してきました 去年から、6年生18名と一緒に作っていたビデオ映画 「私たちの船旅」が完成!謝恩会で試写を見ていただきました。
   怪我をされていた小林先生も松葉杖姿で出席、すっかり成長した三十六の瞳と涙を浮かべて鑑賞! 「よさこい・そーらん」をそろいの法被すがたで踊ってくれました。「大空へ」立派に旅立ちました