NPO京文映からの公式なお知らせ。

Posted by Anonymous

ちょっと遅い報告になりましたが、第二回大阪シネマフェスティバルで、会員の林健作さんが
日本映画個人賞の部で「撮影賞」を受賞されました。
映画「二人日和」での、受賞です

http://www.log-osaka.jp/article/index.html?aid=290

日本映画 個人賞
監督賞:大森一樹(『悲しき天使』)
主演女優賞:檀れい(『武士の一分』)
主演男優賞:桂春團治(『そうかもしれない』)
助演女優賞:本上まなみ(『紙屋悦子の青春』『幸福のスイッチ』)
助演男優賞:豊川悦司(『フラガール』『やわらかい生活』)
脚本賞:安田真奈(『幸福のスイッチ』)
撮影賞:林健作(『二人日和』)
音楽賞:山路敦(『悲しき天使』)
新人賞:山崎静代(『フラガール』)
桂雀々(『かぞくのひけつ』)
谷村美月(『かぞくのひけつ』)
新人監督賞:小林聖太郎(『かぞくのひけつ』)
特別賞:黒木和雄(『紙屋悦子の青春』、2006年4月没)

                                                                 (報告:鈴木)

Posted by Anonymous

 昨2007年6月10日(日)。11時から太秦小学校ふれあいサロンにて、NPO京文映の2007年度の総会が開かれました。32名の会員の皆さんがお集まり下さり、総会の審議と懇親会に参加、大いに盛り上げていただきました。ちなみに委任状は25名分でした。現在の会員総数は93名です。

 総会では、2006年度の活動報告を文書と映像でご覧いただき、ご承認いただきました。また、会計報告並びに2007年度役員体制もご承認いただきました。なお、旧役員は全員継続になりましたが、新たに、本多清氏、沖實氏、千本木亮二郎氏、杉山京子氏の4名が理事に、また、これまで監事の嶋田惠子氏が理事に、理事の松崎美代子氏が監事になっていただきました。

 総会後はにぎやかに懇親会が開かれ、昨年度の京文映の作品「保津の火祭り」なども上映され、和やかなうちに懇親会も無事修了致しました。ご参加の皆様有り難うございました。

 なお、総会に参加していただけなかった皆様には、近日中に総会資料を送付させてただきます。

 会員の皆様、本年も変わりませず、NPO京文映にご支援、ご指導よろしくお願い致します。(記・さとう 裕)

  写真

Posted by Anonymous

 昨4月28日(土)に、NPO京文映の理事会が開かれました。主として、2007年度の総会に向けての内容が審議されました。2006年度の事業報告や決算、さらに2007年度の事業(案)が審議され、了承されました。

 理事会の決定を受けまして、2007年度のNPO京文映の総会を次の要領で開きたいと思います。6月10日(日)11:00より太秦小学校・ふれあいサロンにて。総会の後、懇親会を予定しております。懇親会の参加費は2000円です。NPO京文映が制作したビデオ等もご覧いただく予定です。

 なお、会員の皆様には近日中に、総会の案内を文書でお届けする予定ですので、多数の皆様の参加をお待ちしております。(記・さとう)

Posted by Anonymous

二年めを迎えました同志社大学プロジェクト科目「京都暮らしの音と映像」の第一回目の授業を行いました。今年度の受講生は、9名です。
今出川キャンパスの桜も、花吹雪状態の中 京文映の講師8名、昨年度の受講生の藤本君
を含め9名揃って参加しました。自己紹介の後、さっそく西森・家喜両講師の講義、につづき
参考ビデオ(西森作品・昨年度A班の作品)上映しました。そして、次回授業までにそれぞれが企画書を作ると言う宿題を出して、無事修了しました。

Posted by Anonymous

 昨4月9日(月)17:00より、同志社大学・寒梅館・クローバーホールにて、昨年度のプロジェクト科目受講生の2作品、「京ここで」と「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・カモガワ」の完成上映会が開かれました。平日の夕刻にも関わらず50人を超えるお客さんが来て下さり、熱心に鑑賞し、温かいご意見を下さいました。学生諸君が一年かけて取り組んだ作品は、いずれも力作で、本当によくここまで頑張ったものと思います。

 最後に、学生諸君が一人ずつ、一年を振り返って感想を述べてくれましたが、感極まって涙ぐむ学生もいて、もらい泣きのお客さんも・・・・、随分感動的な会になりました。

 今年のプロジェクト科目も、いよいよ4月13日からスタートします。去年の受講生もOB・OGとしてサポートしてくれるそうです。さて、今年はどんな作品が出来るのか、今から楽しみです。(記・さとう 裕)

     写真

Posted by Anonymous

 昨3月28日(水)に開きました事務局会議で2007年度の理事会と総会の日時を決定しました。

 理事会は、4月28日(土)18:00~ 於・いのべスタジオ・・・オブザーバー参加を歓迎します。

 総会は、6月10日(日)11:00~ 場所未定・近日中にお知らせ致します。

 私たちNPO京文映もこの4月から5年目を迎えます。昨年は、キネマ散歩や太秦キネマ塾、同志社大学プロジェクト科目の担当、「保津の火祭り」や「心をつないで桂川」の制作・発表と八面六臂の大忙しでした。総会では、昨年度の活動を動画にまとめて、皆さんにご報告したいと準備中です。楽しみにして下さい。

 来年度も、キネマ散歩・太秦キネマ塾・同志社大学プロジェクト科目担当は継続します。また、新たに「古民家を訪ねる会」を立ち上げます。私たちNPO京文映の設立趣旨に則って、人々の暮らしと文化について考え、映像記録として残していきたいと考えております。また、「NPO古材文化の会」からのご依頼で、「平釜で瓦を焼く」活動イベントを記録するお手伝いもさせていただきます。さらに、京都の無形民俗文化資料等の映像記録も企画しております。

 これらの活動のために、ロケハンの自動車を手に入れました。これからますます機動力をアップさせて活動力を増したいと考えております。

 皆さんにお願いです。来年度の活動にこんなことをしては? こんなことも考えてみてよ、というアイディアを募集します。どんな内容でも結構ですので、ご意見、アイディアを事務局までお寄せ下さい。

 最後になりましたが、2007年度総会には多くの会員の皆様がご参加下さいますよう、よろしくお願い致します。(記・さとう 裕)

Posted by Anonymous

 3月11日(日)にガレリアかめおかで開かれました「映像から、なんたんの地域づくりをかんがえる」(主催・南丹広域振興局)におきまして、わたしたちNPO京文映が制作に携わりました2作品「心をつないで桂川」と「保津の火祭り」が上映されました。

 今回の催しは、二つの作品を見て、南丹地域に住む皆さんとともに、その下流域の皆さんにも川の持つ意味、水の恵みやその恐ろしさ等、環境問題を考えてもらいたい、また、地域の祭りの意味を再認識することで地域づくりについて考えてもらいましょうということで企画されたものです。

 当日は、NPO京文映の松崎美代子さんの名司会で、戸田南丹広域振興局長初め、保津川開削400周年記念実行委員会の皆さん、保津町の自治会の皆さん、亀岡市教育委員会等の皆さん、保津小学校の小学生、また、日ごろから町作りを考えている立命館大学の学生さんや先生、等々多くの皆さんが、活発な意見を述べて下さり、実に充実したイベントになりました。私たち、NPOの作品が、今回の催しの力になれたことに、ちょっと誇りに思えた一日でした。(記・さとう)

                                              ガレリアかめおか

  写真   写真

Posted by Anonymous

 今回は京文映の直接の仕事ではないのですが、会員の仕事の一端をちょっとご報告します。

 家喜副理事長は、2月に福岡市の企画制作になる「今日もよか天気たい」という作品を監督されました。このドラマは、視覚障害者の女性の生き方を通して、人権を守ることの意味や企業のあり方を問う社会派の作品です。

 また、内沢理事は、和歌山県の企画制作になる「老いを生きる」という作品を監督されました。こちらは、高齢者の認知症についての啓発(教育)映画です。

 さとうは、モンゴルでの落語会をプロデュースし、古典伝統芸能について解説します。3月17日にウランバートルの国立ドラマアカデミーシアターにおいて。主催は日本の外務省です。今年はモンゴルと国交回復35周年で「モンゴルにおける日本年」になっております。笑福亭仁智さんの落語と南京玉すだれ、寄席囃子の紹介など、約2時間の公演です。また、帰国後、4月22日(日)の夜には、天満天神繁盛亭でモンゴル報告会を兼ねてモンゴルの文化を紹介する催しを開催します。落語はもちろんですが、馬頭琴の演奏やホーミーなどを聞いてもらいます。収益は、すべてモンゴルの恵まれない子供たちに寄付する予定です。皆さんの参加をお待ちしております。通訳は、皆さんともおなじみのナルマンダハさん(立命館大学院留学生)です。(記・さとう

                                                 国立ドラマアカデミーシアター

   

Posted by Anonymous

 

「同志社大学プロジェクト科目終了」

 2006年4月14日から始まりました同志社大学プロジェクト科目の「京都暮らしの音と映像」の授業が、さきほど2007年1月12日を持ちまして無事に終了しました。ただ、授業は終了しましたが、A、B両班の作品創りはまだ最後の仕上げが残っており、連日精力的に編集、ナレーション録りと、毎日頑張っております。

 また、プロジェクト科目の成果報告会も1月23日(火)に同志社大学今出川校地明徳会館21番教室で開かれます。興味のある方は是非覗いてみて下さい。私たちの発表は、12:45~14:45の時間帯に設定されております。

 さらに、完成しました作品の発表会を、4月になりましたら同志社大学で開く予定で、現在会場を探しております。こちらも詳細が決まりましたら、お知らせ致しますので、皆さん是非ご覧いただきますように、よろしくお願い致します。(記・さとう)

Posted by Anonymous