NPO制作の2作品上映される

Posted by Anonymous

 3月11日(日)にガレリアかめおかで開かれました「映像から、なんたんの地域づくりをかんがえる」(主催・南丹広域振興局)におきまして、わたしたちNPO京文映が制作に携わりました2作品「心をつないで桂川」と「保津の火祭り」が上映されました。

 今回の催しは、二つの作品を見て、南丹地域に住む皆さんとともに、その下流域の皆さんにも川の持つ意味、水の恵みやその恐ろしさ等、環境問題を考えてもらいたい、また、地域の祭りの意味を再認識することで地域づくりについて考えてもらいましょうということで企画されたものです。

 当日は、NPO京文映の松崎美代子さんの名司会で、戸田南丹広域振興局長初め、保津川開削400周年記念実行委員会の皆さん、保津町の自治会の皆さん、亀岡市教育委員会等の皆さん、保津小学校の小学生、また、日ごろから町作りを考えている立命館大学の学生さんや先生、等々多くの皆さんが、活発な意見を述べて下さり、実に充実したイベントになりました。私たち、NPOの作品が、今回の催しの力になれたことに、ちょっと誇りに思えた一日でした。(記・さとう)

                                              ガレリアかめおか

  写真   写真