保津の火祭り

Posted by Anonymous

 10月20日(金)いよいよ保津の火祭りの日が来ました。われわれNPO京文映は、カメラ8台、照明、音響、演出、制作等々総勢16人のスタッフが早朝から撮影に入りました。午後5時、亀岡市保津町の八幡社から神社総代を先頭に約40人の行列が3キロ先の請田神社へご神体をお迎えに出発しました。

 請田神社は、和銅2年(709)創建と伝えられる由緒ある神社です。神社で松の木を依代(よりしろ)にご神体を移し八幡社へ。途中荘園政所(そうまんど)で、保津町隣組からの高張提灯68基、4基の剣鉾、8本の花笠等の出迎えが待ちうけ、100人を越える行列を整え、八幡社まで悠々と向かいます。太鼓の音に合わせ、子どもたちの掛け声、「トウクヮイ(唐鍬) ジンノー(人応) マンザイラーク(万歳楽)」の黄色い声が夜空に響き渡ります。

 午後8時、一行は八幡社に到着。頓宮前には二つの火床が築かれ、赤々と火が燃えています。火の周りを御幣や榊、御弓や御太刀、神座がぐるぐると周り、いよいよ勇壮な祭りのクライマックスです。頓宮前では神事が始まりました。NPOのメンバーはふたり一組になって、行列の各所に移動、あちらこちらで撮影に録音に汗だくで走り回りました。午後9時過ぎ、撮影終了。みなさん、ご苦労様でした。

 作品は、京都府社寺等文化資料保全補助事業の認定を受け、京都府、亀岡市、保津町自治会等々のご協力、ご支援をいただいております。本年中に「優艶・火と水の里~保津の火祭り~」(仮称)という題名の作品になります。上映会も予定されていますので、皆さまお楽しみにお待ち下さい。(記・さとう 裕)