徒然なるままに

09 7月 2012
Posted by keikei

 今日は晩酌後に投稿。よって失礼の儀があれば平にご容赦をsmiley

本日は一日在宅。夕方になり日が落ち始めてから、運動というよりも散歩に。例によって桂川へ。

         

 最近は日の入りが随分遅いので、散歩も涼しくなってから遅い時間に。
川の流れを見ているとホッコリして癒されます。indecision

 8月、大津での無声映画会出し物が二転三転して、結局「瞼の母」に。
この作品だったらやっぱり着物か。しかし真夏の暑い時だし、クーラーを使ってない我が家で着替えをするのは辛いものが・・・。どないしょうblush いやいや、暑さをものともせず、ガンバ!です。

 それから最近の新聞記事で(少々アルコールが入っているので話題がアチコチに飛びますがゴメンなすって)
・大徳寺の修行僧が深夜に町のトイレで若い女性に良からぬことをしかけた。
・女性警察官が育児休業中に、育児の疲れから?かなりの酔っ払い運転をして前の車に衝突。警官が来たら赤子を抱いて逃げ出し、更には赤子を置いて走って逃げたとか・・・

 そりゃあまあ、坊さんも警官も人間だもの、いろいろアラーナ。しかーし、それではちょっと困るんですけどねsad  

古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを欲しがるもんでございます。
どこに新しいものがございましょう。
生れた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。

何から何まで 真っ暗闇よ  筋の通らぬ ことばかり  右を向いても 左を見ても  
馬鹿と阿呆(あほう)の 絡み合い  どこに男の 夢がある

好いた惚れたとけだものごっこが罷(まか)り通る世の中でございます。
好いた惚れたはもともと「こころ」が決めるもの
……こんなことを申し上げる私もやっぱり古い人間でござんしょうかねえ。

一つの心に 重なる心  それが恋なら それもよし  しょせんこの世は 男と女  
意地に裂かれる 恋もあり  夢に消される 意地もある

なんだかんだとお説教じみたことを申して参りましたが、そういう私も日陰育ちのひねくれ者、
お天道様に背中を向けて歩く、馬鹿な人間でございます。

まっぴらご免と 大手を振って  歩きたいけど 歩けない  いやだいやです お天道様よ  
日陰育ちの 泣きどころ  明るすぎます おいらには