同志社プロジェクト科目

Posted by Anonymous

  同志社大学プロジェクト科目 「京都暮らしの音と映像」始まる  われわれNPO京文映がお手伝いする同志社大学プロジェクト科目の講義が、4月 14日(金)にスタートしました
昨4月28日は第二回目の講義を行いました 。  隔週金曜日4・5限、3時間の講義ですが、受講生9名で女性が5名、男性4 名。2年生~4年生まで、それぞれに熱い思いを持って参加してくれています。
   同志社大学の担当は高橋美都先生。毎回、京田辺校舎から今出川校舎へ駈け付け て、熱心にご指導いただいております。  1回目は「映像の歴史」と「ドキュメンタリーとは・・」 の講義。2回目は こんな作品を創りたいという、受講生それぞれが考えるテーマと内容の概要につ いて話し合いました。これから9人を2グループに分けて、2本の作品作りに励 むのですが、さて、テーマの絞り込みをどうするか。28日には、3時間かけて みっちりと話し合いました。あと一息でテーマはまだ絞り込めませんでしたが、 これからしっかりと話し合い、いよいよ本格的なシナリオハンティング。そして シナリオ作りと進んでいきます。
  また、学生諸君にはスタジオへも来てもらって、皆さんのご指導も仰げればと 思っております。会員の皆さま、その節はどうぞよろしくお願いします。適宜、 講座の進捗状況もお知らせ致しますので、来年の作品完成まで温かい目で見守っ ていただきますよう、重ねてお願い致します。(記・さとう 裕)