コメントに返信

Posted by keikei

梅雨の真っ最中。夕べから雨が続いています。
本日は雨の呼び名の種類を紹介。日本語って豊かですね。知らない言葉もたくさんあります。
翠雨ってご存知でした?翠雨にも緑雨、麦雨、甘雨、瑞雨があると。俳句や短歌では使われるんでしょうか。
いいなあ。

             

雨の強さや降り方による表現
  • 霧雨 - 霧のように細かい雨。雨粒の大きさが0.5mm未満の雨(気象庁の定義)。
  • 小糠雨(糠雨) - 糠のように非常に細かい雨粒が、音を立てずに静かに降るさま。
  • 細雨 - あまり強くない雨がしとしとと降り続くさま。
  • 小雨 - 弱い雨。あまり粒の大きくない雨が、それほど長くない時間降って止む雨。
  • 微雨 - 急に降り出すが、あまり強くなくすぐに止み、濡れてもすぐ乾く程度の雨。
  • 時雨(しぐれ) - あまり強くないが降ったり止んだりする雨。特に晩秋から初冬にかけての、晴れていたかと思うとサアーッと降り、傘をさす間もなく青空が戻ってくるような通り雨を指す。
  • 俄雨(にわかあめ) - 降りだしてすぐに止む雨。降ったり止んだり、強さの変化が激しい雨。夏に降る俄雨は夕立、狐の嫁入り、天照雨などと呼ばれる。肘かさ雨驟雨(しゅうう)と同義。
  • 地雨 - あまり強くない雨が広範囲に一様に降るさま。俄雨に対し、しとしと降り続く雨で、勢いが急に変化するのは稀。
  • 村雨 - 降りだしてすぐに止む雨。群雨、業雨などとも書く。
  • 村時雨(むらしぐれ) - ひとしきり強く降っては通り過ぎて行く雨。降り方によって片時雨横時雨、時間によって朝時雨夕時雨小夜時雨と分ける。
  • 片時雨 - ひとところに降る村時雨。地雨性の村時雨。
  • 横時雨 - 横殴りに降る村時雨。
  • 涙雨 - 涙のようにほんの少しだけ降る雨。また、悲しいときや嬉しいときなど、感情の変化を映した雨。
  • 天気雨 - 晴れているにもかかわらず降る雨。
  • 通り雨 - 雨雲がすぐ通り過ぎてしまい、降りだしてすぐに止む雨。
  • スコール - 短時間に猛烈な雨が降るさま。熱帯地方で雨を伴ってやってくる突然の強風に由来する。
  • 大雨 - 大量に降る雨(一般的な認識)。大雨注意報基準以上の雨(気象庁の定義)。
  • 豪雨 - 大量に降る激しい雨(一般的な認識)。著しい災害が発生した顕著な大雨現象(気象庁の定義)。
  • 雷雨 - 雷を伴った雨。普通は短時間に激しく雨が降る場合が多い。
  • 風雨 - 風を伴った雨。
  • 長雨 - 数日以上降り続くような、まとまった雨。
季節による表現
  • 春雨(はるさめ) - 春にあまり強くなくしとしとと降る雨。地雨性のしっとりとした菜種梅雨の頃の雨を指す。桜の花が咲くころは、花を散らせるので「花散らしの雨」とも呼ばれる。
  • 菜種梅雨 - 3月から4月ごろにみられる、しとしとと降り続く雨。菜の花が咲くころの雨。特に三月下旬かる四月にかけて、関東から西の地方で天気がぐずつく時期を指す。
  • 五月雨(さみだれ) - かつては梅雨の事を指した。現在は5月に降るまとまった雨を指すこともある。また、五月雨に対して、この梅雨の晴れ間を五月晴れというが、5月の爽やかな晴天をさすことがある。
  • 走り梅雨 - 梅雨入り前の、雨続きの天候。
  • 梅雨(ばいう、つゆ) - 地域差があるが5月 - 7月にかけて、しとしとと長く降り続く雨。
  • 暴れ梅雨 - 梅雨の終盤に降る、まとまった激しい雨。「荒梅雨」とも言う。
  • 送り梅雨 - 梅雨の終わりに降る、雷を伴うような雨。
  • 帰り梅雨 - 梅雨明けと思っていたところに再びやってくる長雨。「返り梅雨」、「戻り梅雨」ともいう。
  • 緑雨 - 新緑のころに降る雨。翠雨の一種。
  • 麦雨 - 麦の熟する頃に降る雨。翠雨の一種。
  • 夕立 - 夏によく見られる突然の雷雨。あるいは単に夏の俄雨を指す。午後、特に夕方前後に降ることが多い。白雨(はくう)ともいう。
  • 狐の嫁入り - 夕立の、特に日が照っているのに降る雨をさす。天照雨(さばえ)などともいう。
  • 秋雨(あきさめ) - 秋に降る、しとしとと降る雨。特に9月から10月にかけての長雨をさす。秋雨前線によって起こり、台風シーズンの特徴。秋霖(しゅうりん)。
  • 秋時雨 - 秋の終わりに降る時雨。
  • 秋入梅 - 秋雨。秋雨の入り。
  • 液雨 - 冬の初めの時雨。立冬から小雪のころの時雨。
  • 寒九の雨 - 寒に入って(小寒を寒の入りという)9日目の雨。豊年の兆しとされる。
  • 寒の雨(かんのあめ) - 寒の内(大寒から節分まで)に降る雨。
  • 山茶花梅雨 - 11月から12月ごろにみられる、しとしとと降り続く雨。山茶花が咲くころの雨。
  • 氷雨 - 冬に降る冷たい雨。のことを指すこともある。
  • 淫雨 - 梅雨のようにしとしとと長く降り続き、なかなか止まない雨。
その他の区分からの表現
  • 私雨(わたくしあめ) - ある限られた土地だけに降る雨。転じて個人の利得の意もある。
  • 外待雨(ほまちあめ) - 局地的な、限られた人だけを潤す雨。
  • 翠雨(すいう) - 青葉に降りかかる雨。時期によって緑雨麦雨、草木を潤す雨という視点で甘雨瑞雨と区別する。
  • 甘雨(かんう) - 草木を潤す雨。翠雨の一種。
  • 瑞雨(ずいう) - 穀物の成長を助ける雨。翠雨の一種。
  • 慈雨 - 恵みの雨。少雨や干ばつのときに大地を潤す待望の雨。

返信

  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するさらに詳しい情報...

CAPTCHA
迷惑メール対策です、ご協力お願いします。
Image CAPTCHA
大文字、小文字を正確に入れてください。