コメントに返信

Posted by keikei

 京都市動物園で昨年12月誕生のニシゴリラの赤ちゃんの名前がゲンタロウに決まったそうです。
母親のゲンキと父親のモモタロウの名前を足してゲンタロウ。そのままやんdevil

飼育員に甘える「ゲンタロウ」(24日、京都市左京区・市動物園) ゲンタロウが乗っているのは父親ではありませんsurprise

 母親のゲンキはマックとヒロミの子供で、京太郎というお兄さんがいました。 
私はゴリラも好きで動物園に会いに行っていたのですが、京太郎の父親のマックはでっかーい体で、檻の前に行くと奥の方からノッソリと出てきて檻ごしに客のまん前にドッカと腰を下ろし、こちらをジロッと見据えるんです。「アンタだれや、なんか用か」と言わんばかり。

マックに比べて子供の京太郎はとっても繊細で神経質。外の檻に一人でいたのですが、檻の前に行くとサッと向こうに移動。見られるのをいやがっていました。シャイな京太郎。

そんな京太郎も年頃になってお見合いをすることに。東京から花嫁さんが来たんです。
しかし京太郎は馴染めずに逃げてばかり。見合いは失敗。
そのうちに京太郎が突然亡くなったんです。11歳。あれはお見合いのストレスによるものに違いないと私はほとんど確信しています。かわいそうな京太郎crying シャイな京太郎には耐えられなかったのでしょう。

                 子供の頃の京太郎。今は剥製になっている。

人間だってゴリラにだって相性というものはありますよね。
しかし日本でも昔は親が決めた人と結婚、婚礼の席で初めて相手を見ることもあったんですよね。
それでも生涯添い遂げる夫婦も多かったということは、一緒に暮らすうちに愛情がわいてくるということでしょうか。
 オイオイ、そこのあなた、「それに比べて・・・」なんて言ってはなりませんぞ! angry
        

返信

  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するさらに詳しい情報...

CAPTCHA
迷惑メール対策です、ご協力お願いします。
Image CAPTCHA
大文字、小文字を正確に入れてください。