コメントに返信

Posted by keikei

    

 昨日は「御誂治郎吉格子」の稽古にスタジオに行きました。玄関に入るとあでやかな芍薬の花がsmiley。会員のSさんが持って来て下さったそうです。「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」ということわざがありますよね。念のために意味をネットで確認すると、

《芍薬も牡丹も共に美しい花で、百合は清楚な花であることから、美人の姿や振る舞いを花に見立てて形容することば。芍薬はすらりと伸びた茎の先端に華麗な花を咲かせ、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつける。百合は風を受けて揺れるさまが美しい。これらのことから、芍薬は立った見るのが一番美しく、牡丹は座って見るのが一番美しく、百合は歩きながら見るのが一番美しいという説がある。また、芍薬はまるで美しい女性が立っている姿のよう、牡丹は美しい女性が座っているよう、百合は美しい女性が歩く姿のようだなど、諸説ある。》    貴女は芍薬?牡丹?百合?  貴方はどれがお好みですか?

 右上は近くのお地蔵さまです。最近台座と囲いが新しくりっぱになりました。いつもお花が絶えず近所の方たちが大切に守っておられます。写真は深夜に撮ったのですが、今回ライトもついて夜もずっと明るいのです。 でも、お地蔵さんは眩しくて寝不足にならないかとちょっと心配blush 

返信

  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するさらに詳しい情報...

CAPTCHA
迷惑メール対策です、ご協力お願いします。
Image CAPTCHA
大文字、小文字を正確に入れてください。