京都文化博物館古典芸能

08 10月 2018
Posted by keikei

 京都市中京区三条高倉にある「京都文化博物館」の開館30周年・明治150年記念として、3日間に亘り「古典芸能」の催しがありました。

 第一回は『講談の会』第二回は『落語会』第三回は『日本舞踊への誘い』。
「講談の会」は、木の津講談席でご一緒している、旭堂南慶さん、南照さん、南鈴さん、そして四代目南陵先生の出演。皆さま熱演でしたlaugh

  

  

 終わって会場から出て来られた年配の男性の方が、「いやあ、講談て初めて聴いたけど、ええなあ。落語より聴きごたえあるでー」と言っておられました。嬉しい!
12月の木の津講談席が30回記念で、南陵先生にご出演いただきます。楽しみsmiley

 二日目は「落語会」。桂きん枝、笑福亭円笑、林家染二、桂文鹿、桂小きんの皆様。
文鹿さん、初めて聴きましたが、面白かったです。きん枝さんは、お若い頃に八方さんたちと組んで活動しておられたのを見てから随分久しぶりに落語を聴きましたが、円熟味が出てきたというか、しっかり落語もやっておられたんだと感じ入った次第です。