ロシアに行ってきました

27 9月 2017
Posted by keikei

 9月11日~21日までロシアに行って来ました。
 2年前に行った時は無声映画をやるためだったのですが、今回は基本的に観光です。

 モスクワと、ロストフ・ナ・ドヌーと、タガンログという所。それと帰りにフィンランドのヘルシンキ空港で待ち時間があったので、ヘルシンキの街を駆け足で。
以下、断片をご紹介しますね。

まず、タガンログの市場です。とても大きな市場で、野菜、肉、魚、乳製品等、それぞれ違う建物で、朝から午後2時まで開かれているそうです。

  お肉もダイナミックに売られています。お姉さんも迫力がありますね。

  トマトも真っ赤に熟れて美味しそう。

 

これは同じくタガンログにある、チェーホフ記念館。チェーホフが生まれ育った家です。

  こじんまりした、かわいらしいお家でした。

 

ご存じ、赤の広場。観光客で溢れています。

 

 

こちらは地下鉄のホーム。モスクワには装飾を施した素敵な地下鉄の駅がいくつかあります。

 

 

それから、ヘルシンキの街でみかけたもの。面白かったので、ついパチリ。
ヘルシンキは落ち着いた、とてもいい雰囲気の街でした。もう一度ゆっくりと訪れたいです。

 
フィンランドの昔話に出てくる鬼?だそうです。 日本の仏像で、四天王などに踏みつけられている天邪鬼に似てますよね。どの国にも同じような話が伝わっているんだなと、興味深かったです。

そして、ロシアでも無声映画をやってきました。写真を載せようとしたのですが、性能のいいデジカメで撮ったので容量が大きすぎるのか、アップできませんでした。crying
映画は、人文大学と、個人のお家で。個人のお家は全く日本語を知らない方たちで、始めのうちは戸惑ったようですが、話が進むにつれて、登場人物の感情がよく伝わってきたと言ってくれました。

 ロシアはもう寒いと聞いていたのに、連日30度を超える暑さ。やはり異常気象で、こんなのは初めてだと言っていました。地球を大事にしないといけませんね。

 ロストフで乗ったバスは、運転手が運転しながらケイタイで電話しているし、乗車ドアは開けたまま走るし、まあ、日本では考えられない、驚くことも多かったです。でも、日本の規律の良さや礼儀正しさの方が逆に異常なのかも?などと思わされた旅でした。