ブログ

木の津講談席

21 3月 2017
Posted by keikei

 18日に「木の津講談席」が無事終了。早や23回を迎えました。

        
 予約は19人だったのですが、ふたを開けてみると、予約なしで当日お越しの方が多くおられ、結局34人にsurprise。席の用意があるのでできるだけ予約をいただきたいのですが、まあ・・・・それも見越して用意するようにした方がいいんですかね。ま、ありがたく嬉しいことではあります。

 今回も落語を入れて4席。今回は特に、どの演目も興味深く聴いていただけたようで、それがアンケートにもあらわれていました。よかったlaugh
私は「夫婦相撲」。ちょうど春場所で、稀勢の里と、同じ部屋の高安が全勝中。もしかして同部屋の優勝決定戦も? 目が離せませんwink

        
                          猫の世界も男の方が優しいのかなあ

 

お雛さま

10 3月 2017
Posted by keikei

 田舎に帰り、姉二人と岡山に行ってきました。

 まずは津山のお雛様。津山城下の出雲街道の古い街並みを保存してあり、各店・各家がお雛様を飾っています。

     

                こんな優雅なお雛様や、

            

              こんな可愛らしいお雛様も。

 この地は「男はつらいよ」の最後の作品のロケ地になったそうですwink

 そこから移動して、梅林へ。でも、まだほとんど咲いていませんでしたcrying

            

 家にもお雛様がありますが、もう何十年飾ってないことでしょう。
女雛男雛三人官女に五人囃子、みんな会いたがっているでしょうね。

Posted by keikei

 25日に、立命館国際平和ミュージアム中野記念ホールで、京都放送劇団による、放送劇『戦火の杖音』の公演が無事終了しました。

       

 太平洋戦争の時、京都西陣にも爆弾が落とされました。戦時下の西陣で必死に生き抜いた、目の不自由な女性の話です。
あまり知られてないことですが、目の不自由な人は、耳で敵の戦闘機が近づくのを察知するという職務が与えられたりしたようです。音の違いで戦闘機の種類を聞き分けて報告する。能登では実際にそんなことがあったとか。

 公演を聴きに来て下さった方の中には、「もっとみんなに知ってほしいので台本をもらえないか」とか、「これを演劇にしたいのだが許可してもらえるか」と終演後に声を掛けて下さった方もおられました。

 世界がおかしな方向に向かいつつあるように思われる昨今、これからも平和の尊さを伝えていきたいと思います。

Posted by keikei

 トリイホールでの「精華千日前キネマ映画祭」、私の出番は無事終了しました。
寒さ厳しい中、足をお運びいただいた皆様、ありがとうございました。

1月、2月といろいろ予定が入っていて、昨日の朗読サロンが終わって一息ついています。
といっても、17日には上賀茂で「瞼の母」の上映会があるので、まだまだ気は抜けません。
17日午後1時から上賀茂会館(上賀茂神社一の鳥居の南側)です。どなたでもご覧いただけます。
よろしければ是非お越し下さいませ。

      

      

Posted by keikei

 精華千日前キネマ映画祭がいよいよ明後日にせまってきました。

私は9日(木)午後1時~「瀧の白糸」、午後4時~「雄呂血」の活弁をつとめます。
10日には、浪曲師の春野恵子さんが、15日には東京から、澤登翠さんが出演されます。
他にも、日替わりで、旭堂南海さん、大森くみこさん、武田操美さんと、盛沢山です。
みなさま、どうぞお越し下さいませlaugh。 詳細は「トリイホール」のHPに掲載されています。

      

      

Posted by keikei

 昨日、伏見中央図書館で朗読会がありました。
図書館司書の方一人と、朗読サロン『響』のメンバー3人での朗読会です。
図書館の企画で、年に一度開催しているのですが、早いもので7回目になりました。

       

 今回、私は 芥川龍之介の『トロッコ』を取り上げました。
この作品は、大正11年に発表されたもので、湯河原出身のジャーナリスト、力石平三が、幼年時代に、熱海軽便鉄道の工事を見物した時の回想の手記を芥川龍之介が潤色したものです。

 実は、この前の日にNHK京都放送局ロビーでアナウンサー3人による朗読会があったのですが、その時にこの『トロッコ』も朗読されていたんです。その次の日ですから、「ありゃまぁ」と思ったものの仕方ありませんcrying

 最後には会場のみなさんと一緒に「外郎売のせりふ」の始めの部分を読み上げました。
寒い中、いつも沢山の方にお越しいただき、ありがたいことです。
2月5日には、宇治中央図書館でも朗読会をやります。こちらは初めて。楽しんでいただけるようにガンバ!

Posted by keikei

 3日ほど前に京都御所を散歩していたら、梅が何本か咲いていました。
どの世界にも気の早いもんがいるものでdevil

       

 この寒さの中で花開く 梅や水仙・山茶花、いいですね。えらいですね。私たちも寒さで縮こまってしまわないようにしなければwink

       

Posted by keikei

 お馴染み、我がNPO理事長出演の、「NHK思い出シアター」公開収録がありました。

    

         

 今回は、同じNPOの方が毎年作成しておられる干支の置物をご披露。力作ですlaugh
今年の干支、鳥(こうのとり)と亀。毎年、藁でその年の干支を作っておられます。
上の写真はリハーサルの模様です。
この公開収録は24日(火)午後6時半からの、「京いちにち」のなかの「京都思い出シアター」コーナーで放映されます。ぜひご覧下さいね。

 公開収録のあとは毎回やっている「活弁付き無声映画」。今回は、坂東妻三郎主演「雄呂血」の後半。 
元・能楽師の方に、生で謡を入れていただきました。

 NHK収録後は、京田辺市に移動して、「伊豆の踊子」の無声映画会。個人のお宅で、4回目になります。映画のあとはお酒と料理をいただきながら交流会。和気あいあいと楽しいひとときです。
これも主催して下さるご夫婦と、集まって下さる皆さまのおかげです。感謝laugh

 私は、知り合いの方にいただいた着物を着て行きました。このアングル、ちょっといいでしょwink

          

    

    

Posted by keikei

 昨年に引き続き、「精華千日前キネマ映画祭」が開催されます。

 2月9日から15日、大阪トリイホールにおいて。昨年同様、無声映画特集です。
私も昨年に続いて活弁をやらせていただきます。
今回、私は、9日13時から「瀧の白糸」と16時から「雄呂血」。雄呂血では謡の方にも入っていただきます。

詳しくはトリイホールのHP,あるいは、下記の映画祭用HPをご覧下さいませ。

 https://seikasennichimaekinema.jimdo.com/

皆様のお越しをお待ち申し上げておりますlaugh

おみくじ

06 1月 2017
Posted by keikei

 皆さまは初詣の時にお神籤を引きますか?
私は、毎年元日に姉たちと車で15分くらいの所にある神社に初詣に行き、そこでお神籤を引きます。
今年ひいたのは「末吉」。『あまり表に立たず、身をへりくだって謹んで行え』とsad
ありゃりゃ、これは心しておかねば。

 ところで、お神籤には大吉から大凶までありますが、その順番をご存じですか?
中吉や小吉は吉よりいいのか悪いのか・・・ ハタと気になり調べてみました。

       いい方から順番に、
         大吉
          吉
         中吉
         小吉
         半吉
         末吉
          凶
         大凶

 あれまあ、「末吉」は「凶」の前ではないですかcrying。そんな~~~。
ここ2、3年、大吉はひいたことがありません。うーーーーー。
そういえば、大学受験に落ちた年のお神籤は「凶」でしたangry

 しかし、
「お神籤は吉凶判断を目的として引くのではなく、その内容を今後の生活指針としていくことが大事であるので、たとえ凶や末吉であろうとも、その教えをもとに方向転換させていけば、必ず良い道が開けるであろう、というのがお神籤の本来の役割のようだ」

とありました。なーるほどangel。しかし、「表に出ず、へりくだって・・・」出来るかなあ・・・